自分達だけのこの世で一枚の素敵な結婚式の写真を撮りましょう

SITEMAP

wedding photo

結婚写真の種類について

花嫁

結婚式をするにあたり、結婚写真を撮ろうと考える方は多いと思います。この結婚写真にはいくつか種類があるのをご存知ですか?今回はこの結婚写真の種類についてご紹介したいと思います。
まず、結婚式当日に撮影する当日撮りと結婚式とは別の日に撮影を行う別撮りの二つに分けられます。
当日撮りは挙式の前や披露宴、お色直しの後、披露宴終了後にスタジオや施設内で撮影を行います。当日の緊張した雰囲気や嬉しい気持ちがこもった写真を残せる良さがあります。ですが、披露宴の前やお色直しの後などは招待客を待たせている間に撮影を行うため、時間に限りがあり撮影できる枚数やポーズが限られてきます。また、当日の準備から挙式・披露宴・終了までをカメラマンが密着して撮影を行うこともできます。自然の表情や招待客との写真などを残せることができます。
別撮りは屋内のスタジオで撮影する方法と屋外の場所で撮影するロケーション撮影があります。当日より時間に余裕があり、ざまざまなポーズで撮影することが可能となります。また、当日よりもリラックスした表情で撮影できるでしょう。ロケーション撮影では、自然豊かな場所、海岸や夜景のきれいな場所等様々な場所で撮影ができます。二人の思い出の場所で撮影することも可能です。
この結婚写真の種類と違いについてしっかりと確認し、良い思い出となるような写真を撮ってください。

結婚写真は最高の思い出に

人生でとても大きな節目である結婚式。好きな人と結ばれ、最高に幸せで一番輝いている時だと言っても過言ではないのではないでしょうか。
そんな晴れ姿を写真に残すと最高の思い出になりますよね。前撮り、式当日の撮影、思い出の場所での撮影、ロケーション撮影...色々な撮影方法がありますが、後々結婚式の時の事が鮮明に思い出せる様な思い出に残る写真にすると良いでしょう。
事前にしっかりと準備を整えて二人並んだカチッとした写真をとるのも良し、式当日カメラを意識せず自然な姿を撮影するのも良し、思い出の場所や素敵なガーデン等で撮影するのも良し。いづれにせよどんな写真を残したいかしっかりと打ち合わせして挑むとより思い出深い写真になります。
また、最近ではアルバムにも様々な種類があります。昔ながらのレザー台紙は勿論、ちょっと値は張りますが最近ではデジタルアルバムも主流になって来ている様です。デジタルアルバムは、汚れも付きにくく半永久的に色あせないのが魅力で、好きな文字やイラストも入れる事が出来るので人気がありますし、重厚感のあるレザー台紙は根強い人気があります。
写真は、その一瞬のその人の輝きを映しだし一生の思い出として残ります。結婚写真は結婚して年数がたってから夫婦で見ると初心を取り戻せますし、子供に見せる事で幸せな気持ちにもなります。ぜひ自分達だけのこの世で一枚の素敵な結婚式の写真を撮って下さいね。

娘からのささやかな恩返し

この度、私は晴れて台湾の方と結婚式をすることになりました。 私たち二人は共働きなのですが、働き始めてまだあまり時間が経っていないので貯金が十分なだけなく、挙式をどうするかという話になりました。しかし親に結婚式の費用を出してもらうという訳にもいかないので、何か良い方法はないか探していました。最悪の場合戸籍だけ入れて挙式は挙げないかもしれないと親に伝えた所、少し寂しそうに「分かった」と返事をした時、結婚式のドレスを着た姿だけでも見せてあげたいと思いました。
その時に見つけたのが結婚写真という方法です。私が結婚写真を撮るから一緒にドレスを見に行こうよと誘った時の母の顔はとても嬉しそうでした。旦那は仕事で付き合えなかったのですが、母と一緒にドレスを選ぶ時間は非常に充実していました。結果母と私の意見が一致したドレスを着て写真を撮ることになりました。
写真撮影当日は両親や母方の祖父母、更にはわざわざ遠方から親戚も駆けつけてくれ、賑やかな撮影となりました。終始皆笑顔で、撮影が終わった頃には笑いすぎで顔の筋肉が痛くなるほどでした。これから日本を離れて生活する私にとって、夢のような楽しいひと時でした。
日本で挙式を挙げる事は出来なかったけど、ここまで大きくしてくれたお礼として両親達に結婚式のドレス姿を見せてあげられた事は、ささやかではありますが小さな恩返しとなったのではないかと思います。